破産を検討する人で自分の返済義務に関しほかに保証人を立てているときには事前にきちんと連絡しておいた方が良いです。再度、改めてお勧めしますが債務に保証人がいるときは自己破産の前段階によくよく考えるべきです。今あなたが自己破産をして免責がおりると、保証人が債務をまとめて払う義務があるからです。だから、破産手続きの前段階であなたの保証人に、至った経緯やおかれた現状を説明し、謝罪の一つも述べなければなりません。これらのことは保証人になるひとの立場から見ると求められることです。あなたが破産の申告をするために、強制的に高額の返済義務が回ってくるのです。そうなるとすれば、以降の保証人である人の選ぶ選択ルート4つあります。一つめは、保証人となる人が「すべて支払う」ということです。その保証人がすぐにでも数百万円の負債を苦労することなく返すことができるといったようなキャッシュを持っているならば、これができます。ただその場合はあなたは破産せず保証人自身に立て替えてもらい、あなた自身は保証人である人に返すという選択肢もあるのではないでしょうか。保証人がもし破産を検討している人と関係が良い場合は、少しは期日を長くしてもらうことも不可能ではないかもしれません。いっぽうでいっしょに返済が不可能な場合でも、業者側も話し合えば分割支払いに応じてくれます。あなたの保証人にも破産手続き行われてしまうと貸金が一銭も返済されないことになってしまうからです。保証人があなたの借金をすべて背負う財産がなければ、債務者と同じように何らかの方法での負債の整理を選ばなければなりません。続いては「任意整理」によって処理することです。この方法は債権者と相談する方法で数年の期間内で完済していく方法になっています。お願いする際の相場は債務1件ごとに4万円ほど。全部で7社からの債務があるなら28万円ほどいります。当然貸した側との交渉は自分でやることもできないことはないですが、知識がない方だと債権者が確実に有利な条件を用意してくるので気を付ける必要があります。それに、任意整理で処理するとしても借金を払ってもらうわけなので、あなたも長くかかるとしてもその人に返していく必要があります。さらに3つめは保証人となっている人も破産した人と同様「破産申告する」ことです。保証人である人も破産した人と同じように自己破産を申し立てればあなたの保証人の責任も返さなくて良いことになります。しかし、保証人が有価証券等を所有しているならば所有する財産を失ってしまいますし、資格制限がある業務に従事している場合は影響が出ることは必須です。その場合、個人再生という処理を活用するといいでしょう。4つめの方法としては、「個人再生をする」こともできます。マンション等の不動産を処分せずに負債の整理をする場合や、破産宣告では資格制限にかかる職にたずさわっている人に選択できるのが個人再生という制度です。個人再生なら、自分の住宅は手元に残りますし、破産のような職業にかかる制限、資格に影響する制限が何もありません。

Copyright © 2002 www.atlantasmall.biz All Rights Reserved.