外国為替証拠金取引の経験がない方がマーケットの肝心なところを押さえるには、第一に取引経験を積んでいく事が大切です。とりわけ、あらかじめピンチを気付くようになるためにはへまをすることも経験のひとつ。とは言うものの、失敗するといっても命取りとなるほど重大な損をする事は出来ません。ちょっとした損を数回重ねる事が結果として自身のレベルを上げてくれます。それを考えると、まず初めはわずかな資金でエントリーしてそれによって幾度か簡単な負けを経験することをおすすめします。たとえば、100万円しか投資する余裕が無い状態で、深く考えずに100万円を少しも残さないで投入してエントリーすると、損した時、金輪際再起できなくなってしまう可能性があります。それよりも、1割ずつ分割してトレードを行ない、それで失敗や成功を経験した方が所徐に損を回避する技術なども学んでいくはずです。まずわずかな額でエントリーする事のメリットは先に書いたように自分自身の経験値を高めミスを管理する手法を覚える事にありますが、それと一緒に、エントリーの回数を繰り返す事で、リスクを小さくできるという良いところもあります。一例として、1度限りの売買で儲けられる確率が5割だと考えます。言い換えると、等しい確率で負ける可能性もあります。勝率5割ということは。五分五分の割合で利益が出る事を言い表しています。しかし、全ての資金を投じて1度だけのトレードをするということは、100%の勝ちか、100%の負けかのいずれかになります。このままではただ1度の丁半バクチと同じです。結局のところ、全てを投資して1回しか売買しないと、その分だけ損する可能性が大きくなってしまいます。これを回避するために、お金を全部賭けるのではなく、何度かに分けて、機会を多くすることがリスク管理となります。ただし何度かに分けたとしても、全てのトレードで利益を出す事は必須ではありません。むしろ、全部は勝てないのが現実だ。投資で重要なのは、勝つ回数ではなく、どのように儲けるかである。勝半5割でも或いは勝率5割以下でも儲かる時は儲かる。それ以上負けてもマイナスが少なければわずかな勝ちの利益の大きさでうまく儲けられます。そのために重要な事は、損を小さく、利益を大きくを気をつけておくことです。損益が出たら間髪を入れず損切りし、それとは逆に儲けられる場面では出来るだけ大きく稼ぐ事が外為取引の経験の浅い方がFXで成功する秘訣です。

Copyright © 2002 www.atlantasmall.biz All Rights Reserved.