クレジットを契約解除する際の申請手順それ自体は易しいことではありますが使用不可能化する場合チェックしておきたい事についても忘れないでおいたら、クレジットカードの無効化もトラブルなしに進めることが易しくなります。80-20-107

気をつけるべきことをまとめさせて頂きましたため出来れば読んで下さい。80-4-107

クレジットカード登録を終わらせた後半年も経たず間髪入れず無効化を実行するのは御法度≫クレジットカード加入したそのあといきなりそのクレジットカードを契約解除申請をしてしまうと契約すべきでない人間としてカード会社に登録される意図せぬことがあるのです(あくまで何回にもわたって申請⇔機能停止というやり取りを繰り返した場合)。80-5-107

実際に加入プリペイドカードのプレゼントの獲得が目的である申請のケースにはギフトカードあるいは限定特典を始めとした契約時の利点を全て回収したというような理由で直ちに契約解除の手続きをした方が良いと考えたくなる考えもわかる。80-2-107

そうは言ってもカードサービス会社からの視点より推し量ってみれば迷惑な客に関して金輪際自社の準備するクレジットカードを自分勝手に使用されて無用な損失を出したくないなどとそれ以上の利用を拒否するという意思決定が下されても納得するしかないでしょう。80-13-107

それゆえ、あくまで登録時のプレゼントだけを目当てにクレジットをを申請してしまったとしても、即登録解除手続きを行わずに最小でも1年の半分、許されるならば契約後1年が経過するまでは該当するクレカ自体を有効にして契約解除の電話はその後で行うということを推薦させて頂きます。80-11-107

もしくは契約時のプレゼントだけに限定せず、何となく契約してはみたが使うことがないから早く解約したい・・・というケースにおいても最低でも6ヶ月経過するまではクレジットを保持して欲しい。80-9-107

クレジットを受け取るの感じているよりもクレジットカードという代物を新しく作るための費用というものは発生するものですのでほんの少しでも手間を減らしてあげよう・・・などと考えて下さると良いように思います。80-15-107

80-14-10780-19-107

Copyright © 2002 www.atlantasmall.biz All Rights Reserved.
80-17-107 80-8-107 80-18-107