5年前に出産しました。

40代での出産で、しかも初産でしたので、育児と家事の両立が出来ないほど疲労困憊でした。

そんな時、妊娠前に漢方薬を服用し、とても調子が良かったことを思い出し、再び漢方を飲み始めることにしました。

漢方は薬局などでも購入できますが、自分に合った漢方を服用したいと思ったので、私は漢方外来のある病院に行き、 お腹や舌の様子、脈拍などを見てもらったうえで処方してもらいました。

最初に診察して頂いたときは、術後の疲労と同じくらいの疲労が溜まっていたようで、「十全大補湯」という漢方を処方されました。

3か月ほど続けて服用すると、だいぶ疲れが取れてきました。

それまでは鉛を体に巻いているのではないかというほど体が重くて辛かったのですが、少しずつ体が軽くなり、夜も眠れるようになってきました。

今では自分の体調に合わせて漢方を処方してもらっています。

漢方外来で処方される漢方は保険が効くので、根本の疲労を改善したいという人にはお勧めです。

Copyright © 2002 www.atlantasmall.biz All Rights Reserved.