リッターバイクは当たり前、中には水平対向6気筒1800ccなんて巨大なエンジン搭載のモデルもある現在ですが、私たちオヤジ世代の若い頃の憧れは “ナナハン(750cc)” でした。ナールスピュア のお試しについて

免許制度の面でも400cc超のバイクに乗るには、自動車試験場に直接行って“限定解除” をする必要がありましたが、その審査は非常に厳しく、合格率5%と言われていました。

それ故、「ナナハンに乗っている人」 = 「限定解除をしている」 と、バイク小僧は尊敬の眼差しで見たのでした。

さて、国産(=世界)で初めてのナナハンは、'69年に登場した “ホンダCB750フォア” でした。

750ccという排気量もそうですが、並列4気筒としても量産車で世界初のモデルでした。

実に存在感がありますね。

そんな時代をリアルタイムに経験してきた我々の世代には “ナナハン” という排気量にやはり拘りがあるのですが、現在の市場でのナナハンの状況は寂しい限りです。

Copyright © 2002 www.atlantasmall.biz All Rights Reserved.