コンビニのペットボトルのお茶が好きで、よく買って飲んでいました。

とはいえ、自分で急須で入れたりするのは敷居が高くて、なかなか本当のお茶の美味しさに気がつくことが出来ませんでした。

帰省した祖母の家で、祖母が新茶を出してくれたのが、私がお茶に開眼するきっかけでした。

優しい甘みと、奥ゆかしい渋み、それでいて爽やかさのようなものもあって、いつも飲んでいるお茶との違いにびっくりしました。

きちんと急須でお茶を入れて、それも蒸らしなどの丁寧な工程も行うことで、お茶は深みのある味わいになるそうです。

帰省先から帰ってから、私はお茶屋さんに直行しました。

お茶屋さんの店先に行くだけでも、かなりの癒しになります。

お茶屋さんは、お茶の良い香りが充満しているからです。

ご主人の親切なアドバイスで、まずは静岡産の新茶を買ってみました。

急須でのお茶の入れ方も教わって来たので、家で美味しい香りのお茶を飲んでいます。

お手軽さならコンビニの緑茶もかなり美味しいですが、家でまったり飲む新茶も格別の味わいです。

Copyright © 2002 www.atlantasmall.biz All Rights Reserved.