喘息といえば、小さいころから喘息で悩まされている人がなるものとして考えられていますが、実はそんなことはありません。

というのも、風邪が長引いてしまい、咳がなかなか収まらないというようなことがあれば、それは咳喘息と言われているものの可能性があるのです。

この咳喘息とは、一見すると普通の風邪と変わりが無いように思ってしまうので、気づきづらかったりするのですが、喘息なのです。

咳が慢性的に続く疾患が、咳喘息といわれているものなのです。

一般的な咳と同じように、軌道が狭くなってしまい、いろいろな刺激を受けてしまうことをいいます。

ですが、症状としては咳になるので、咳喘息という病気であると気づきづらいものなのです。

きちんとした治療を行う必要があるので、咳が長い間続いていると感じることがあれば、すぐにでも病院で診察をしてもらったほうが良いです。

そうすると、風邪だと思っていたのが喘息だった、ということがあるのです。

Copyright © 2002 www.atlantasmall.biz All Rights Reserved.