「スプレッド」とはFX投資は通貨を取引して儲けを狙う取引です。76-6-107

売買の注文の価格は、四六時中変化しています。76-20-107

これがレートです。76-14-107

ラジオを聞いていると、通貨のニュースが流れる状況があります。76-8-107

たとえば、「本日のドルは80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。76-1-107

これは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという事を意味するのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを提示しています。76-15-107

言い換えると、買値と売値の値があるという事です。76-13-107

売値、買値ではなく、BID、ASKと表示しているFX取引会社もあったりします。76-5-107

平常時には売値の方が買値よりも安価になっています。76-3-107

実際に買値は高く、売値は低くなるのです。76-11-107

その差をスプレッドといい、会社の稼ぎといわれています。

スプレッドの幅は取引会社によって異なります。

スプレッド幅は投資家にとって出費になるので、低いFX取引会社をセレクトするほうが有益です。

ただ、同じ会社でも場面によってスプレッドの差は広くなったり狭くなったりします。

仮に通常はドルと円のペアでたった1銭のスプレッド幅であってもレートの上げ下げが大きい状態では1銭よりも大きくなったりするのです。

という訳で、スプレッドの幅が狭いのと、安定しているのが肝心です。

今では動かないスプレッドの差を見せるFX業者も数多くあったりします。

現実に業者の取引画面で現実の為替相場を調べなければ見分けられないので手間がかかりますが、とても大事な事です。

大事な財産を投資して注文をするのだから、現実の取引の前に興味がある会社の取引口座開設をして、表示されているスプレッドの広さを見ておきましょう。

同じペアでもその時点のマーケットの条件によって通貨ペアのスプレッド幅は異なる場合があります。

一般的には、インターバンク相場で売買高が多い通貨ペアではスプレッドの広さが狭く、それ以外の通貨ペアではスプレッドの差が大きくなる傾向にあります。

Copyright © 2002 www.atlantasmall.biz All Rights Reserved.
76-9-107 76-19-107 76-7-107 76-17-107 76-10-107