「スプレッド」とはFXは通貨を売買して収益を狙う投資です。http://www.starglowone.com/entry11.html

売り買いの値は1日中動いています。老眼 目の疲れ サプリ

これがレートです。化粧水 20代

テレビを見ていると、外貨のレートの情報が流れます。分割払いできる探偵事務所|東京・大阪

よく見かけるのが、「本日のドル円は80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。税理士 大阪

これは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという事を表しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを提示しています。ポーラ売ってる場所・最安値は?

別の表現をすると買いと売りの両方の値段が存在します。

売値、買値ではなくビット、アスクと表しているFX会社もあります。

平常時には売値のほうが買値よりも小さく決定されています。

買うときには高く、売るときには安くなるのです。

この差をスプレッドといい、FX取引会社の利益のひとつとされています。

スプレッドの狭さは会社によって異なります。

スプレッドの差は利用者にとって出費になるので、狭いFX業者をセレクトするほうが優位です。

ただし、同じ会社でも場面によってスプレッドの差は広くなったり狭くなったりします。

もし平常時は円とドルの組合せでたった1銭のスプレッドの幅であってもレートの上げ下げがかなり大きい場面では1銭よりも広くなったりする場面があります。

という訳で、スプレッドが低いのと同様に安定しているということが必要です。

近頃では固定したスプレッドの広さを見せる取引業者もあります。

実際に業者のトレード画面の上で本当の為替相場を確認しなければ区別できないので面倒くさいですが、とても大事な事です。

多くのお金を預けて注文をするのだから、注文の前に、興味があるFX取引会社の新規口座開設を遠慮せずにして、提示されているスプレッドの幅を知っておきましょう。

同じ通貨のペアでもそのときの相場のボラティリティによって、通貨ペアのスプレッドの幅は変わることがあります。

一般的には、インターバンクマーケットで取引量の多い、流動性の高い米ドル/ 円やユーロ/ 円、ユーロ/ ドルではスプレッドが狭くそれ以外の外貨ではスプレッドが広がる事が多いです。

Copyright © 2002 www.atlantasmall.biz All Rights Reserved.