ようやく開始する時という段階では、第一に下準備をおろそかにしてはいけません。売買を行う前であったならば、起こる事を冷静に見つめる事が可能です。だけれども、一回マーケットの内側に深入りすると、見え方が客観性を欠くものになりがちで時として真っ当な判断を下せなくなる危険があります。その分自分の頭の中が冷静な間に、事前準備が不可欠です。”事前準備”するためには、まずは自分だけのストーリー展開を描くことから始めます。この先のこの通貨はこうだからランドを売る(あるいは買う)みたいに、あなただけの脚本を書いていきます。次に大事なのは為替チャートをチェックしましょう。為替相場の上下動を調べて、今現在の位置を確認する。そうしたら、「今現在はかなり安すぎる水準になっている」とか、それとも「今となってはたくさんの投資家の方々が仕かけているからこの先大急ぎで売買してももはややりようがない」などと見えてきます。当然、買い(または売り)するのが遅すぎるなと思ったら、手を出さないで、それは潔く吹っ切ることが肝心。どうしても自身の筋書きを押し通そうとして、諦めずに新規エントリーすると外国為替市場にやられてしまい逆に損をすることになる危険があります。ただし大体の状況で、準備が整った自分の物語を作っていくと、仕かけるのがやりようがないという場面にはならないでしょう。現実にマーケットが上げ下げする前のはずだからです。続いては、自分自身が取引しようと決めている通貨ペアの推移をじっくりと把握する事が肝心。もしも、ドル高になるという台本を作ったのであれば、その外貨の上下動に気をつけておきます。市場の推移をチェックし始めた状態ではその通貨は誰の眼にも明らかに動く素振りを見せず上がったり下がったり小幅な変動をしているだけでしょう。でも、その変動をじっと調べていると、あるところでじわじわとドル高の方向へと外国為替相場が向い始めます。この状況でようやく、ドル買いのエントリーします。通常は、そこまで周到に事前準備をやっておけば、そのエントリーで勝つ可能性はかなり高くなります。

Copyright © 2002 www.atlantasmall.biz All Rights Reserved.