「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨ペアを売買して利ざやを生む商品です。ペッツデポタウン

取引の値は上下しています。まんぷくスリム

これがマーケットです。千年酵素

テレビを見ているとドルやユーロの為替相場の話題が流れる場合があります。チアベリースリム

よく見かけるのが、「今のマーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。藍の青汁

それは80円50銭から80円52銭の間で売り買いされているという意味ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを意味しています。サンプルファン

取引には、買いと売りの2個の値段が存在するのです。デオシブEX

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表示している取引会社もあります。ソイスリム

通常は売値のほうが買値よりも安価に決められています。ラポマインサプリメント

実際に買値は高く、売値は安くなるのが一般的です。

その差分をスプレッドといい、会社の稼ぎの一部になっています。

スプレッドの狭さは業者によって変わります。

スプレッドの幅は自分にとってコストになるので、狭い取引業者をセレクトしたほうが得します。

ただし、同じFX業者でも状況によってスプレッドの差は拡大したり、縮小したりします。

仮定として普段はドル円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッドであってもレートの変化が大きいときには3銭、4銭になったりする場合があります。

そのため、スプレッドが小さいのと変化が少ないということが大事です。

今では固定でスプレッドの広さを提示する取引業者も多く存在しています。

現実にFX取引会社の取引画面の上で本当の為替相場を調べなければ評価できないので手間がかかりますが肝心な事です。

大事な資金を使って取引をするのですから本当の売り買いの前に関心がある取引会社の新規口座開設を試して提示されているスプレッドの広さを点検しましょう。

同じペアでも、その時点の為替の変動率(ボラティリティ)によって通貨のスプレッド幅は異なります。

通常、インターバンク市場で取引量の多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドが小さく、それ以外の外貨ではスプレッドが大きくなる事があります。

Copyright © 2002 www.atlantasmall.biz All Rights Reserved.