予測せず起こるのが乗用車の事故です。77-18-47

ここでどんな対応するかにより自動車の保険料の受け取りも相当大きく変わる場合も予想できますので冷静な考えと対応が大事です。77-3-47

想像できないハプニングに巻き込まれて慌ててしまうのならば重大な対応を見逃してしまい、後々自分自身がかなり大きな損を被るケースも考えられるので事故をしてしまった場合は冷静に次に記述した作業するようにするとよいでしょう。77-9-47

事故を起こした場合に最も初めにするべきは怪我をした人の確認です。77-19-47

車の事故の後すぐは虚脱状態になってしまう時がありすぐに行動を起こせないのが当然です。77-17-47

だから、負傷者がいた場合には危険ではない地点へ移動してからできる限りの手当を施し周囲に助けを求める等人命最優先に努めることが大切です。77-12-47

119番に連絡する場合は明確な位置を連絡して、良く分からない場面では周辺の目立つデパートや番地名を告げてその位置が分かってもらえるようにします。77-1-47

2番目に警察署へ知らせ事故があった旨そして状況を伝えます。77-15-47

救急車とパトカーが来るのを待っている内に相手側の身元をチェックします。77-11-47

名前、住んでいるところ、電話番号、免許証番号、車のプレート事故の相手の保険会社等各々のことを言います。77-7-47

相手に不手際があるような状況では、事故現場で処理することが考えられますが結論を出すのではなくどういう状況であれ110番や保険屋さんに通報して、公平に判断してもらうようにしましょう。

それぞれの身元を教えあったら車の邪魔にならないように妨げになる物路上から除去します。

万一邪魔な物が他の交通の障害になっている状態では、互いの情報を交換するより先にその作業を完了させても構いません。

その後自分自身がお金を払っている保険会社に電話をして自動車での事故があった事を知らせます。

自動車での事故から一定時間内で車の保険会社に連絡しておかないと自動車の保険の適用外に状況も想定されますので時間が出来たら時をおかずに連絡することが欠かせません。

可能であれば交通事故の様子としてデジタルカメラやタブレット等を用いて事故や自動車の破損が分かる写真をを写します。

この写真は過失のパーセンテージ決める時にデータとなるので自分自身のクルマや先方の愛車の破損箇所を全て証拠として残しておくことが大事です。

この場面で第三者がいたとしたら警官や保険会社の人が駆けつけるまで事故の現場に待機してもらうようにお願いするのも必要不可欠です。

Copyright © 2002 www.atlantasmall.biz All Rights Reserved.
77-5-47 77-8-47 77-2-47 77-16-47 77-10-47