自動車事故は、自分自身だけの自損事故と他の人が巻き添えになった事故がございます。

己だけの事故の場面では事故対応が済めば終わりとなりますが他の人が関与した事故はどちら側にどれくらいミスが存在したのかをチェックしてこの結果によって車の修理のお金や和解金の額等が決まりますので、自動車の保険屋さんの専門家を交えての協議が欠かせません。

一般的な事故の際、お互いに少しは損失がある状況が多く一方だけの手落ちだという場面は少ないようです。

当然ながら信号が赤でも進んでしまったり一時停止しなかったなどはとても大きな手落ちになりますが、被害者にも注意不足があったと指摘されます。

車の事故の状況ではどの人の落ち度で起こったかという判断が物凄く重要になるので、この結果を分かりやすく表現したものが『過失割合』なのです。

例えば、赤信号で止まらなかったり、一時停止を無視した場合では、法律のルール上事故を起こした人に100%過失があるように見えますがその状況で事故を起こした自動車が対面からこちらに向かってきていて見て確認できたケースだと被害者でも注意不足として10%ほどの落ち度が指摘される時もあります。

つまりこの条件では事故を起こした相手が9割事故に巻き込まれた人が1割過失の割合となってしまいミスが大きいとそれなりの落ち度が問われる事になります。

また自動車での事故の過失割合は前の事故判例を基準に決定する状況が大いにあり日弁連の交通事故相談センターから示されている基準表などがベースとして使われます。

この過失の値が大きいほど落ち度、要するに損害賠償金も大きくなると判断されるので、事故に関する交渉は本人同士だけでなく自動車保険の係りの人に加わってもらって冷静に相談する事が必要不可欠です。

Copyright © 2002 www.atlantasmall.biz All Rights Reserved.