カードキャッシングについての返済方式は、企業の方針によってだいぶずれがあり、いろいなやり方がとられています。78-14-47

基本的なところでは残高スライド方法やリボ払い方式などが選ばれているようです。78-20-47

またこんな誰でも聞いたことがあるリボ払いですけれども実のところ算定形式にはおおくの方法というものがあったりします。78-13-47

よってさような種別によって支払い合計額が違ってしまうので心得ておいて負担になることはないでしょう。78-6-47

じゃあわかりやすくこの2つのやり方のずれについてを解説しましょう。78-5-47

一つ目は元金均等払いでもう一つは元利均等払いというものです。78-12-47

それぞれそう呼ばれているように、元本についてを均分に払っていくというものと、元金と利率に関してをつごうで均等に支払っていく形式になります。78-10-47

ここではもし10万円カードキャッシングしたとして実際上どのような勘定をしていくのかやってみましょう。78-19-47

利息についてはどっちも15%と仮定し算定します。78-15-47

それとリボ払いの支払いは1万円として考えます。78-17-47

はじめに元金均等払いからです。

かかる事例の最初の支払いは1万円へ利子分1250円を合計した引き落とし額になります。

次回の返済については1万円へ利率の1125円を計上した返済へとなるのです。

こういうふうにして全部で10回で引き落しを終わらせるといった方式になります。

一方で元利均等払いというのは最初の返済に関しては1万円でそこから元本に8750円、金利に1250円という具合に分配します。

次回の引き落しについては元本が8750円へと減った状態で利息を計算して1万円を更にまた割り振るのです。

詰まるところ、元利均等払いの事例では10回で支払が完了しないといった算定になったりします。

これだけの相違で二者がどれくらい違ってるのかがたっぷりわかったでしょう。

元利均等とは元金均等に比べてはっきりともと金が減少していくのが緩やかというデメリットというのが存在したりします。

すなわち利子というものを余分に出すというような状況になったりするのです。

一方ではじめの引き落しが小さな金額で落着するといった長所も存在するのです。

斯様な支払形式についての差異に連動して、支払い金額は違ってきたりしますからご自分の計画に応じた方法を取るようにしましょう。

Copyright © 2002 www.atlantasmall.biz All Rights Reserved.
78-1-47 78-3-47 78-2-47 78-18-47 78-8-47