自動車重量税、略して重量税という税金は、国産自動車やアメ車など車の生産している国やスポーツカー、1BOX車等車の形状に例外なく例えば、ダイハツやジャガー、等にも同じように納付しなくてはいけない税のことをいいます。80-7-47

新車を登録する時あるいは車検の時に支払う必要があるお金になります。80-13-47

この納付税額はそれぞれの車の車重毎に決められています。80-20-47

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は完全に別のもののため、基礎となる税金を理解して間違えないようにしてください。80-8-47

「自動車重量税という税金は車の大きさで」「自動車税という税金はリッター数で」税額が変わってきます。80-19-47

売却の時の対応も変わってきますし注意しましょう。80-17-47

クルマの買い取りのときには既に納めた車の金額がいくら残っていた場合でも、その税額が返還されるということはないですが、一方で自動車税の時は既に納めた税金を売却額に乗せてくれるような場合があるものの、重量税については上乗せしてくれるといったケースはなかなかありません。80-15-47

重量税は、どれだけ支払い済みの額が残存していると言っても中古車買取専門店でその事実が忖度されるケースはほとんどないのです。80-6-47

なので次回の支払い、分かりやすく言えば次回の車検まで処分を待ち売却をするという手段が最も良いでしょう。80-16-47

引き取りの時は考慮していただけないのが重量税ですが、特定の場合だと返還されることもあるのです。80-11-47

その時は、車検が残存している愛車を廃車として処理する場合。

というのは、抹消登録をした際に、残っている車検期間に従って重量税が還付されます。

ただ、中古車の買い取りの場合はその自動車が廃車されるのとは違って返ってきません。

それから、売却する車の名義変更をしてしまった場合や、盗難被害に遭ったケースなども返還してもらうことはできません。

自動車重量税の残っている期間がある愛車を手放すというのは要は車検期間が残っている中古車ということです。

そういったことを店側も配慮しますので、重量税が残っていれば、ある程度売却額があがるでしょう。

当然、買取額は店舗により異なりますが車検期間が残っている事実が考慮されれば、所有車の査定額からみたらあまり払い損と考えることもありません。

Copyright © 2002 www.atlantasmall.biz All Rights Reserved.
80-14-47 80-18-47 80-5-47