現実にノートパソコンの画面の前に座りつねに変化しているレートを目を向けていると、理由無く取引をしたくなるという感情に駆られる状況も多いです。

しかしながら、漠然とした思いつきで取引するのだけは間違ってもしてはいけません分かっていると思いますが、外国為替相場は四六時中常時どこかの為替相場が変化しているし為替相場もいつでも、上がったり下がったりします。

しかし、だからといって何回も取引を重ねているとその回数分だけ損失が生じるリスクが高くなります。

もちろん、売買の回数を経験することによってだんだんと稼げる確率か五分五分になるのは事実です。

しかしこの事実は「はっきりしない感覚でトレード」とは別の話だ。

トレード回数を増やす事の意味は、自分自身が「ここは勝てる」と考え付いた確信を得られた状況でのトレード回数を積むという事を言っています。

何となく、次々とエントリーを経験するのとは全く違います。

外国為替市場の勝負に立ち向かうためには、あなたが緩急をつけることこそが大事だ。

「ここはいける」とよく考えた為替相場の時には、覚悟を決めて持っているポジションを多くして覚悟を決めて利益を追求する。

「何となく難しいマーケットでどうなるか理解できないな」と思案した時は執着しないで所持ポジションを全部諦めて何もせず静観します。

これぐらいの緩急をつけた方が結果的には注文は勝てます。

相場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

本当に言葉どおりだと思います。

為替取引とはいついかなる時でも売買ポジションを所持する事が大切ではなく、どの売買ポジションも持たずにじっと見ていることも時には、相場なのである。

そうであるならば、どういう場面で、休む必要があるのでしょうか。

最初に考えられるのが、先述した通り、現在の相場展開が良く見えない時です。

そこからどうなるのか決める事が出来ない時は分からないまま行動すると、自分自身で思った筋書きとは反対の方向に外国為替市場が変化してしまい、損をする事になります。

そのため、そうした状況ではポジションを0にして何もせずに静観を決め込むのがいいと思います。

第2に、自分自身の体調があまりよくない時です。

体の調子と外国為替市場に関係しないと感じる投資家もいるだろうが。

大きく関係がある。

健康状態がよくなければ、市場の大事な場面で、必要不可欠な決断ができなくなります。

関心がわかない時は、相場から離れる事も大事な事です。

Copyright © 2002 www.atlantasmall.biz All Rights Reserved.