普通保険会社は至れり尽くせりと広告しますが自動車事故にあった場合に実際に正確に処置してくれるか気に掛かります。

特に電話で入る事が出来るダイレクト系自動車保険と名付けられた実際のお店を所持していたい会社では直接対応していないことも不安になりそうです。

とは言っても、ダイレクト型自動車保険と実際に店が整っている保険会社の対応力に驚くほど大きな隔たりはございませんし、ダイレクト系自動車保険のほうが固定費がかからない分月々の保険料が下げられるので自動車事故にあわなければ月々の保険料を安くすることが可能なのです。

それでは、自動車保険の会社において取り組みに違いがあるのかないのかと聞かれればノーとは答えられません。

その優劣は代理店型通販型自動車保険といった判断ではなくひとつひとつの保険屋さんごとに事故処置をしてくれる時間帯や日付がちがうことによります。

車の事故はどんな時にあうか分かりませんので事故対応は24時間365日対応してくれるのは必須でそして休みの日や深夜に起こってしまった事故対応がきちんとされていることを調べてみることが大事です。

自動車保険会社によっては、24時間365日対応という場合でも事故の対応時間が平日と休日で異なり短くされている保険会社もあったりしますので調べておくことが大切です。

これとは別に、まさかの時に備えて自動車保険会社の処理拠点も正しく調査しておくことも必要です。

たとえ自動車保険会社でも事故拠点が遠ければ事故の対応がすぐに行えないケースもあったりしますので近くに事故拠点が存在するかどうかも事故の処置のちがいを計るものさしのひとつです。

ある程度の大きさの保険屋さんはエリアごとに拠点があることが多くあるので事故が起きたときの対応も満足感も高くその状況でする事故処置も正しく伝言をくれると評判がいいです。

Copyright © 2002 www.atlantasmall.biz All Rights Reserved.