普通の初めての方向けの外国為替証拠金取引の書籍では「マイナスになった状況ではナンピンして、ポジション全体の買い付けコストをコントロールする」等と助言されていたりしますが正直これには引っ掛けがあると考えます。mineoはau回線で使えます

最初に、ナンピンの方法について手短に説明しておこう。こうじ酵素 口コミ

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとします。長崎県で空き地はいくらで売れる?土地の売却なら不動産一括査定がおすすめ!

$買いですから、ドル高になるほど黒字が出ますが、95円まで円高・ドル安に振れてしまったとします。屋根塗装 塗料

この場面でポジションを所有し続けたら、利益がでるためには、マイナス分円安に向う必要があります。スキンケア シンプル

誰でも、損は可能な限り早く無くしたいと思います。コチラ

この状況を打破するため最初に売り買いしたのと同じ分のドルを売買します。もっとすっきり生酵素 口コミ

そうすると、ポジションの平均の買い付け単価は1ドル=97.50銭まで低くすることができる。プール 日焼け止め対策

その結果、半分の幅で円安が進めば損を失くすことが出来ます。肌トラブル 原因

それが、ナンピン買いの方法です。

このとおり、ナンピン買いのやり方を聞くと「納得だ」という気分になるが、相場はそう易々と思うようにはいきません。

だいたい、1ドル=95円が底値だということなど分かりません。

もし、相場が強いドル安基調だとしたら1ドル95円では下げ止まることなく、更に一段の円高にいく確率が高いです。

1ドル=97.50円でナンピンをしたとしても、1ドル95円まで円高ドル安が進んだら、ナンピン買いを入れたポジションも、差損が生まれます。

その状態では、初めに売買したドルとあわせて二重の差損が生まれる事になります。

それほど、ナンピン買いは大変です。

ならば、外国為替市場がシナリオとは逆にみるみる進んでしまった場合どんな手法で危険性をコントロールすればいいのでしょうか。

そこで取るべき道は限られています。

ひとつめは潔くあきらめて、損切りをする事です。

もうひとつの選択肢としては、その段階で、自分自身が持っている買いポジションを減らす事で、再度為替相場が戻るのを何もしないで待つ事です。

少し主体性のない対策だと思う方もいます。

しかしながら、ポジションにマイナスが出た時、最も危険の少ない方法はこれ以上のものはありえません。

理屈の上では、ナンピンを入れるという手法もあるように思える。

だけどナンピン買いは、自分か損失を披っているにもかかわらず買いポジションを整理するどころかそれとは逆にポジションを積み重ねていく考え方です。

この対策では、危険を制御することなどどう考えても不可能だと思ったほうかいいだろう。

ナンピンをしていけばその内勝てるかもしれない。

しかし、そうなる先に投資資金がショートしてしまうだろう。

Copyright © 2002 www.atlantasmall.biz All Rights Reserved.