自動車事故に巻き込まれた場合事故の被害者であっても相手方が責任を少しも受け入れない状況はたくさん存在します。80-18-137

例をあげれば、しようとして起こってしまったのではなく不注意で乗っていた車をぶつけられた時などに、そういう争いに発展する場合があるのです。80-12-137

とは言っても、事故現場で車のみの「物損」されて時間が経って自覚症状が出た時に、病院の証拠書類を提出するのでは対処が遅くなる感じは仕方がなくなってしまいます。80-15-137

では自動車事故の過失割合の決定にはどのような基準が設定されているのでしょうか。80-20-137

厳密に申しますと、警察が決定するのは、主として自動車の事故の大きな過失が考えられるのはAかBかということであって、過失の割合ということではありません。80-17-137

さらに言えば、最終的に明確にされた事故責任者が警察署から公表される場面は考えられません。80-16-137

従って、割合は本人たちの相談の結果により決定されそれが損害賠償の基準になります。80-5-137

この際に、互いが任意に加入する自動車保険に加入していない場合には、当事者同士がダイレクトにやり取りするしかありません。80-6-137

当然の事ですがこういった方法では、短絡的なやり合いになるケースが存在します。80-11-137

さらに、互いの主張が食い違えば下手をすると、裁判での争いになりますが、これでは年月と裁判費用計り知れない損害となってしまいます。80-13-137

概ね、事故に関わってしまったそれぞれの人に付随する自動車の保険屋さん、こういった両方の自動車の保険屋さんに調整を一任する策で、相応しいどちらに何割過失があるのかを決めさせるのです。

そのような時、保険の会社は、以前の自動車での事故の裁判によって導きだされた判定から算出した判断基準、判例タイムズ等を土台として、推定と協議によって過失の割合がどうなのかを計算します。

そうであっても、車での事故の例では遭遇してしまったのか他者を巻き込んでしまったのかには関係なくとりあえず110番通報するのが重要です。

その後で自動車の保険の会社に連絡を取り今後の協議を委ねるのが順番になります。

正確な順番さえ理解しておれば、互いの建設的でない協議となる状態を回避できるに違いありません。

Copyright © 2002 www.atlantasmall.biz All Rights Reserved.
80-8-137 80-4-137 80-14-137