「スプレッド」とはFX取引は通貨ペアを売買して収益を生み出す商品です。リンクス 新宿

売り買いの値は二十四時間上下しています。ベッド 安い

それが為替市場です。仕事

テレビを見ていると、外貨の為替相場の話題が流れるケースがあります。税理士通信講座

よく見るのが「ただいまの為替相場は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。リンクス 神戸

これは80円50銭から80円52銭の間で売り買いされているという訳ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを表示しています。バイアグラ保険適用

つまり、FXには買値と売値の2つの値段が存在する事を示しています。イクオス 口コミ

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表しているFX業者も存在しています。

売値のほうが買値よりも小さく定められています。

私達が買値は高く、売値は安くなるのです。

この差額をスプレッドといいFX業者の儲けの一部になっています。

スプレッド幅はFX取引会社によって変わります。

スプレッド幅は投資家にとって出費になるので低いFX会社を選択するほうが有利です。

ただ、同じ会社でも状況に応じてスプレッドの幅は拡大したり、縮小したりします。

もしも通常はドルと円の通貨ペアでたった1銭のスプレッドの狭さでも、為替の上げ下げがとても激しい場合には広くなったりする状況があります。

という事で、スプレッドの幅が狭いのと合わせて、変わらないのが大事です。

固定したスプレッドの広さを表示するFX取引会社もいろいろ存在します。

リアルにFX取引会社の売買画面の上でリアルなレートを確認しなければわからないのですが必要な事です。

重要なお金を投じて注文をするのですから、売買の前に、心惹かれた業者の取引するための口座開設を積極的にして、スプレッドの幅を確認しましょう。

同じペアでもその時間帯の条件によって通貨のスプレッドの幅は変化します。

一般的には、銀行間取引で取引量の多い、流動性の高い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドが狭くその他の通貨ではスプレッドが拡大する事がよくあります。

Copyright © 2002 www.atlantasmall.biz All Rights Reserved.